SPFやPAの意味はわかった!!

では実際に日焼け止めクリーム選びに入ろうではありませんか!

ところでみなさんは今販売されている日焼け止めの種類がどれくらいあるのかご存知ですか?

 

僕も知りません( ;´Д`)笑

ということで近くにある大型薬局に

日焼け止めクリームを数えに行ってきました!

IMG_7132

その数は62!

もちろん薬局によってはその数は多少増減するかと思いますが、こんなにあります

「ではこの中からどれをチョイスしたらいいの?」

はい、ということで今回は商品選びの基準をお伝えしたいと思います☆

・ノンオイル

“SS” 2016-06-02 22.00.14

まずはじめに大切なのがノンオイル(鉱物油不使用)です。

今やノンオイルでも美容成分でもしっかりと保湿しながら肌を綺麗にする効果のある日焼けも出ています

ではなぜノンオイルがいいのか?

いやいや、

むしろなんで日焼け止めにオイルを入れないといけないのかな?

油が入っているお化粧品をつけて紫外線にあたると油焼けしてしまいます(>_<)

紫外線や太陽の熱で熱された油によって皮膚を油で揚げている、まさに肌が火の海状態になってしまうのです。

 

・ノンアルコール

“SS” 2016-06-02 22.02.05

油で滑りを良くしたら、次にそのベタベタ感をなくすために

アルコールを入れてサラッとした質感を作るという日焼け止めの典型的構造

サラッとはするんですがアルコールは水分を揮発させる特性があるため

皮膚に必要な水分を飛ばしてしまうので乾燥肌になりカサカサになってしまうのです(>_<)

更にいうと、その乾燥を防ぐためにもっとオイルを投入してしっとりさせようとする悪循環・・・。

 

・紫外線吸収剤不使用

これ、かなり大事です!

紫外線吸収剤というのはその名の通り

紫外線を自身に取り込んで熱や赤外線に変えて放出したり

自身の成分と化学反応を起こしてその紫外線エネルギーを消費させてなくします。

この熱エネルギーへの変換や化学反応が皮膚を刺激するとされています。

そしてこの紫外線吸収剤の代わりとなるものが

「紫外線散乱剤」です。これは紫外線を吸収するのではなく反射させて弾く原理です。

この紫外線散乱剤は皮膚刺激がないので安心してご利用になれます。

“SS” 2016-05-31 19.56.46

ちなみに全国で販売されている日焼け止め商品の約75%が「紫外線吸収剤」を使用しています。

 

いかがでしたでしょうか?

薬局に売っている数多くの日焼け止めクリーム

その中から適切なSPF PA値と成分を見て上手なお買い物をしてくださいね♪

次回は、私二宮がオススメする日焼け止めクリームのご紹介です☆

最後までご覧頂きありがとうございました!

髪の疑問/質問を大募集!

コメント欄にてあなたのお悩みを教えてください!

★お得なクーポン&WEB予約★
ダウン  ダウン  ダウン  ダウン  ダウン  ダウン
“SS” 2016-04-12 3.26.48

 

 

 

  「楽天ビューティーを見た」
でお得なクーポンをご利用できます♪
※ご新規のお客様に限ります