紫外線は肌に悪い!

太陽から発射される紫外線

“SS” 2016-05-25 15.38.04

では実際にどう悪影響を及ぼしているのか?

シミ・しわ・たるみ・老化 etc…

紫外線はとても恐ろしいことばかり。。

夏になると日焼け止め商品のCMが頻繁に放送されていますよね?

それほどに紫外線が肌に与える影響は大きいのです!

80%といわれています!

この「80」という数字は肌トラブルの原因の80%が紫外線ということです。

80%ですよ!?かなり高いです。もうここまでくると「悪」ですねww

ではその「悪」が実際にどんなトラブルを起こすのか、ご紹介します!

 

・肌が乾燥する

“SS” 2016-05-25 15.39.48

紫外線を受けると肌の一番外側にある角質層がダメージを受け

保湿機能がダウンし、肌の水分が奪われてしまいます。

肌は、ダメージを回復させるために古い表皮を垢として排出し、

次々と新しい細胞を押し出します(これをターンオーバーといいます)が

保湿機能がじゅうぶんに整わないまま送り出してしまうので結局水分不足な状態が続いてしまいます。

 

・ほくろやソバカスが増える

“SS” 2016-05-25 15.41.32

紫外線を浴び続けると、肌にあるメラノサイト(メラニン色素を作るところ)が増えて

大人になってからほくろ・ソバカスが増えることがあります。

遺伝子的な要素も強いですが紫外線の影響も多いことを覚えておきましょう♪

 

・敏感肌になる

“SS” 2016-05-25 15.42.06

皮膚表面にある「角質のバリア機能」が損傷すると、その隙間から刺激が入り込みやすくなり

ちょっとした小さな刺激にも敏感に反応して肌荒れやかゆみが起こります。

 

・シミができる

“SS” 2016-05-25 15.43.09

肌が紫外線を浴びると、皮膚内部にあるメラノサイトがメラニン色素を生成します(これが「日焼け」です)。

日焼けは紫外線への防御反応なのですが、それが行き過ぎるとメラニン色素を生成しすぎ

結果シミへとつながってしまいます。

 

・しわができる

“SS” 2016-05-25 15.43.57

肌の奥にある真皮の70%はコラーゲンで出来ていて

肌のハリを保っているのですが、これも紫外線を受けることで損傷し、コラーゲンが減少します。

コラーゲンなくなる→肌のハリがなくなる→しわになる

このサイクルが出来上がりますorz…

 

・皮膚ガンのリスク

最後にご紹介するのは癌です。

通常、紫外線などで損傷した細胞・遺伝子は元どおりに修復していくのですが

中には傷ついたまま残ってしまう遺伝子もあります。

この遺伝子によって突然変異した細胞が増え続けると

やがてがん細胞に変化し皮膚ガンを引き起こす原因となってしまいます。

 

なんと危険な紫外線!

細かく紹介するとまだまだあるのですが

これ以上説明すると「一歩も外に出られないじゃないか!!」ということになってしまうので

今回はこのへんで^^;笑

次回は紫外線商品の「○○」と「○○○」についてです☆☆

最後までご覧頂きありがとうございました!

 

髪の疑問/質問を大募集!

コメント欄にてあなたのお悩みを教えてください!

★お得なクーポン&WEB予約★
ダウン  ダウン  ダウン  ダウン  ダウン  ダウン
“SS” 2016-04-12 3.26.48

 

 

 

  「楽天ビューティーを見た」
でお得なクーポンをご利用できます♪
※ご新規のお客様に限ります