え?あれ?傷ませる方法??

「傷ませない方法じゃなくて?」

はい、傷ませる方法です。

“SS” 2016-04-27 23.28.16

「ケアスタイリストと名乗っている奴が、何を言ってるんや!」

はい、

ケアスタイリストによる髪を傷ませる方法です。

ですがもちろんこれには理由があります。

最後までご覧頂ければその理由もわかって頂けると思います!

それでは早速行ってみましょう!

今回のテーマは「熱」です!

ドライヤーで髪を傷ませよう!

・お風呂上がりの髪には水分がたっぷりと含まれています。とにかく乾かしましょう!

・ドライヤーは頭に近い方が熱量が大きくなります!

・同じところを集中的に乾かしてみましょう♪

 そうすればその部分の水分は一気に飛んでいき、静電気が起きます☆

・全体的に静電気が起きたら髪が傷んだ証拠です!

・髪はパサパサ。キューティクルはボロボロのダメージヘアの完成です!

“SS” 2016-04-27 23.30.54

コテで髪を髪を傷ませよう!

・ポイントは長時間熱を加えること!

・130〜160℃の低温でも可能ですが200℃近い高温のほうが

 効率よくダメージを与えることが出来ます♪

・長時間(5秒以上)熱を加えることで

 髪を保護しているキューティクルが溶けだし壊れていきます。

 キューティクルはうろこ状に重なり合っているので壊れたキューティクルが剥がれ落ち

 そこから内部の栄養分が流れ出ていきます

 これでダメージヘアの完成です!

.

..

読んでみていかがでしたか?

髪を傷ませる方法…恐怖ですよね(T ^ T)!

僕も自分で書いておきながらトリハダがたちました・・・

髪を綺麗にすることはトリートメントなど日々のヘアケアが重要でしかも時間がかかります。

しかし傷ませようと思えば1時間もあれば簡単に出来てしまうのです。

それくらいに髪はデリケートなんです

「じゃあ傷ませないようにするにはどうしたらいいの?」

傷ませる方法をしなければいいんです!

静電気が起きてしまわないようにドライヤーを扱いましょう!

髪とドライヤーは適度に距離を離す。

ドライヤーを動かして一箇所に集中して風が当たらないようにする。

パサパサになっちゃったかなと思ったら少し水で濡らして再度乾かす。

 

コテで巻く時間はなるべく短くしましょう!

低温だとカールがつくのに時間がかかってしまうので170〜180℃で巻きましょう

長時間(5秒以上)同じところに熱を加えすぎてはいけません

同じところを2度巻いてしまわないように束を取る時は気を付けましょう。

 

先ほどの「髪の傷ませ方」を読んだ方なら

気をつけて頂けますよね?♪♪

はい、ここです!ここが言いたかったのです!!

 

髪のダメージになる原因を知ってもらう!

傷ませない方法は世の中にありとあらゆる情報が飛び交っています。

ダメージを与えないように手入れをするそんなのみんなわかっています!

ただ、めんどくさくてついついそのケアを怠ってしまうことはありませんか?

その「めんどくさい」からついついドライヤーもコテも適当になってしまいダメージになってしまうのです;;

冒頭にも書きましたが、髪をキレイにするには時間がかかります。

それに対して傷ませるのは1時間もあれば十分です。

私たち美容師は全力で貴方の髪のキレイをサポートさせて頂きます!

しかしながら家でのお手入れがお粗末だと

私たちがどれだけ頑張ってもどうすることもできません。。。

【キレイな髪=マイナス10歳髪】です!!

キレイな髪をキープして、楽しいヘアライフを過ごしてくださいね♪

びっくりさせてしまいましたが

最後までご覧いただきありがとうございました☆☆笑
髪の疑問/質問を大募集!

コメント欄にてあなたのお悩みを教えてください!

★お得なクーポン&WEB予約★
ダウン  ダウン  ダウン  ダウン  ダウン  ダウン
“SS” 2016-04-12 3.26.48

 

 

 

  「楽天ビューティーを見た」
でお得なクーポンをご利用できます♪
※ご新規のお客様に限ります