危険なシャンプーにご用心!

usuge05

シャンプーを変えたら痒くなった・フケが出てきた。。。

そんな経験はありませんか?

全ての人にオススメできる完璧なシャンプーは存在しませんが

全ての人にオススメできない危険なシャンプーならあります

今回はその危険なシャンプー&成分をご紹介します!

危険なシャンプー【シリコン系】

このシリコン系シャンプーは前回ご説明させていただきました☆

↓↓まだ見ていない方はコチラ↓↓

http://nino.boy.jp/2016/04/16/fifth/

シリコンはシャンプー・トリートメント共に最も使われているコーティング剤です。

髪は表面の質感ばかりを良くして、あたかも自分の髪は栄養で満たされツヤツヤになったかのような錯覚に陥ります。

しかしこれらは

髪のダメージをただ覆い隠しているだけであって

内部補修は一切行われておりません。

さらにはシリコンの高いコーティング力によって

洗浄剤が髪や頭皮に残りフケやかみゆみの原因になってしまいます(T ^ T)

〜具体的なシリコン系シャンプー例〜

・花○のアジ○ンス

・資○堂のツ○キ

・ユニ○ーバのラッ○ス etc…

「ジメチコン・シロキサン・シクロメチコン・〜ポリマー」

裏の成分表記を見た時に上記の成分が入っていればそれはシリコンです。

もはやノンシリコンはシャンプー選びの基本になってきています!

 

危険なシャンプー【ラウレス(ラウリル)硫酸系】

ラウレス硫酸系が入ったシャンプーは

泡立ちも良く、強力な洗浄力・脱脂効果があるで

「頭皮の汚れがとれてスッキリした!」という満足感を与えます。

がしかし!

洗浄力があまりに強いので、

頭皮・毛髪に必要な水分や油分までもを奪ってしまっているのです!

そう、食器用洗剤で髪を洗っていると思って頂いていいでしょう!

シャンプーする度にダメージを受けてしまっているのです!

それを毎日繰り返していると

フケ・かゆみ・肌荒れが出てきてしまうのは当たり前ですよね。。。

〜具体的なラウレス硫酸系シャンプー例〜

アジ○ンス・パン○ーン・ツ○キ その他多数。

頭皮洗浄をコンセプトとして作られたシャンプーのほとんどに

「ラウレス硫酸系」が使用されています。

成分表記名としては「ラウレス硫酸〜」「ラウリル硫酸〜」

と書かれたものがその全てです。

 

なんでそんなに悪い成分が入ってるの!?

「宣伝にお金をかけた方が売れるから成分は二の次」

「使ってすぐにサラサラになったと効果を実感してもらうためにコーティング剤を多用しよう。」

「誰も成分まで見て買っていないから安い薬品を入れてやれ!」

多くのシャンプー業界はこんな思いでシャンプーを製造しています。

多額の利益を手にいれるため、ここで一役買ってくれるのが

「シリコン系」と「ラウレス硫酸系」なんです。

この成分は非常に安価で消費者に手頃な満足感を与えるため

メーカーはこぞってこれらを多用します。

・女優・モデルを使ったテレビCMでの大々的な宣伝

・ドラッグストアで大量に安値で売られている

・「無添加/天然/ノンシリコン」と表記されているのに安い

これらのものは全て危険なシャンプーと言えます!

今、貴方の使われているシャンプーは一体何が入っているのか?

これらのものが入っていないか?

よりよいシャンプーライフを過ごされることを願っております^^

 

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!

髪の疑問/質問を大募集!

コメント欄にてあなたのお悩みを教えてください!

★お得なクーポン&WEB予約★
ダウン  ダウン  ダウン  ダウン  ダウン  ダウン
“SS” 2016-04-12 3.26.48

 

 

 

  「楽天ビューティーを見た」
でお得なクーポンをご利用できます♪
※ご新規のお客様に限ります