Q.シリコン=悪!?

8_18_1

シャンプーの宣伝で”ノンシリコンシャンプー

というキャッチフレーズをよく聞きますが

シリコンがどういった成分で

何の目的で配合されているのか

みなさんはご存知ですか?

髪がギシギシしたり、原料臭の強いシャンプーで

誰も髪を洗いたくはありませんよね?

そのため、近年ではその使用感を向上させるために非常に多くの成分が配合されるようになりました。

現在では、シャンプーに含まれている

「水」と「洗浄剤」以外の全ての成分

「質感」・「感触」を改善するために入っているといっても過言ではありません。

 

具体的にはどんなものが入ってるの?

〜油分・コンディショニング成分〜
髪を洗った後でも適度なツヤと柔らかさをもたせるため

〜植物エキス・グリセリン〜

乾燥を防ぐための保湿剤としての役割

〜香料〜
言わずもがな
いい香りのほうが、気分的にも・・・ね?笑

〜酸化防止剤〜
シャンプーやトリートメントが腐らないように

などなど!裏の成分表示を見て頂ければわかるように

かなりたくさんの成分が入っています。

しかしこれらの成分によって、

シャンプー本来の洗浄機能が失われては意味がありません

油分は保湿成分が多く含まれたものは泡立ちを抑制したり、

洗い流してもなかなかとれないということになってしまいます;;

g_10_02

 

 

それでは本題の「シリコンについて」です!

髪を保護するためにヘアケア商品に配合されるようになったシリコンですが

このシリコンは、高いコーティング力を持っています。

そのため、シャンプーに配合すると

本来洗い流すはずの洗浄剤が髪に残ってしまう原因となるため

シャンプーにシリコンを配合することは、

安全面・機能面どちらにも矛盾しています

 

「じゃあなぜそれをわかっていながらシャンプーにシリコンが入ってるの?」

とみなさん思うでしょう。

それはシリコンによって手触りがよくなったり髪がイイ感じにまとまるので

手軽にシャンプーの感触を向上できるためなんです。

「シャンプーしただけで髪がサラサラになった〜☆」

というのはあくまで髪表面だけであり、

内部にはなんの栄養分も吸収されていません。

スーパーやドラッグストアで売られているほとんどのシャンプーに

シリコンが配合される傾向にあったなか作られたのが

ノンシリコンシャンプー“なのです

 

Q.じゃあシリコンが配合されているシャンプーは問題なの?

ここで勘違いしてはいけないのが

シリコンが直接の刺激になることはないという点です。

ノンシリコンなどと大々的に宣伝されているために

「シリコン=悪」というイメージを持たれている方も多いと思いますが

決してそんなことはありません。

シリコン類は高いコーティング力に加えて

安全性が非常に高く

肌への刺激が少ない優れた成分なのです!

M0002-024_2

 

A.シリコンはとても安全な成分ですが
  シャンプーに入れるのは危険です!

先にも説明したように

シリコンを入れることによってシャンプー本来の洗浄や泡立ちの邪魔をしてしまいます。

そしてなかには、

「じゃあシリコンに邪魔されないように洗浄力をもっと上げよう!」

と、食器用洗剤並みの洗浄力を持った成分を配合している会社もあります!

(この話は次回ご説明します^^)

シリコンは本来トリートメントなどの

ヘアケアライン」にこそ入れるものであって

シャンプーに入れてはいけないものなのです。

決してシリコンは悪者ではありません!

このことをしっかりと把握した上で

シャンプーを選び

楽しいシャンプーライフをお過ごしください☆

 

Q.じゃあどんなシャンプーがいいの?

.

..

それは次回のお楽しみに(^^)笑

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!

髪の疑問/質問を大募集!

コメント欄にてあなたのお悩みを教えてください!

★お得なクーポン&WEB予約★
ダウン  ダウン  ダウン  ダウン  ダウン  ダウン
“SS” 2016-04-12 3.26.48

 

 

 

  「楽天ビューティーを見た」
でお得なクーポンをご利用できます♪
※ご新規のお客様に限ります